中国語教室

あつあつ海鮮小籠包♪

3月茶縁の定期講座には、またまた珍しい茶菓子や漢方のお茶が登場しました。


Img_0596 これは何?!日本では見かけないですが、中国の南地方で作られている高級な「胡桃」です。(因みに、中国語ではクルミは「核桃」です。)味付けは極複雑で、クルミよりは焼き菓子の感じ!ザクザクで美味しい!



Img_0597_2 Img_0608_2 また、これは?中国の名前は「(月半)大海」です。喉の潤い・殺菌作用があり、気管支炎や肺をきれいにしてくれます。 これ自体は味も香りもほとんどないですが、緑茶・白茶・ジャスミンなど自由にブレンドすることができます。お湯に入れるとこんなに膨らんで、海の海草みた いに、何と言う不思議な物体なんだ!!!


Img_0595Img_05943月はcherryblossomのシーズンで、春先にぴったりな「一見鐘情」で皆様を喜ばしました!(中国語では一目ぼれとい意味ですよ!)どうですか、春先に新しい恋が皆様を待ってます〜lovely


Img_0600 Img_0613 Img_0611 最後に、福建省五夷山の4大岩茶の一つ「鉄羅漢」で「あつあつ海鮮小籠包」と一緒に召し上がりました!自宅で簡単にできる酢醤油のタレ、なかなかうまいでしょう!


りフォーム完成♪

大変、大変お待たせしました!茶縁教室のリフォームを無事に完成しました♪報告も間に合わずに、なんと次のレッスンに突入しました。どう、色合い 的には違和感は全然ないでしょう?!

P1040074

Img_0577

P1040078

P1040080








教室の中に入ってみると、本来の部屋にあった出窓は移動して再利用され、

もう一つ8人掛けのテーブルを増やしました。

P1040077_2Img_0579Img_0585





シャンテリアもサンタマリア様のお勧めでチェコ製の10灯物を選んで、勾配天井でいっそう輝きを見せてくれました。とても感謝しています!しかし、組み立てるには5時間もかかったのは、予想外でした。。。やはり、機会があれば、今度是非完成品を お願いします♪

今月から、皆様と新しい教室のレッスンをスタートしますので、気持ちも入れ替えて、何だかドキドキしています。。。 


茶縁の旧正月講座

2月は中国の旧正月にあたります。旧正月と言えば、餃子ではないでしょうか?と日本の方は思います。実は、中国の南の方ではお餅なんですよ!Img_0532 Img_0533 今回、皆様にすぐ自宅で実践できるように、どこでも手に入る韓国の「トック」を使ってみました。本来であれば、スープの中で煮込んで食べるのですが、しか し工夫しだいでアスパラガス、人参、キュウリなどとうまく合わせて炒めて、歯ごたえもよく、簡単にお客様をもてなしの一品になりましたhappy01

Img_0535 Img_0536 もう一品をご紹介したのは、中国の家庭で極一般的に飲んでいるトマトと卵のスープです。どう、材料も味付けも簡単だったでしょう!是非、自宅で挑戦してみて下さい。

肝心な中国茶ですが、旧正月と言えば「八宝茶」です。

菊・ハイビスガス・クコの実・金銀花・なつめ・サンザシや、苦丁茶・氷砂糖など数種類の漢方とお茶ができたブレンドティーで体をぽかぽかにしてくれ るのです!それから、花粉症シーズンの前になんと言っても、「凍頂烏龍茶」でしょう。今回、海抜1200mで取れた高級品で、その香りをたとえにしたら、 「大人な女性」という「奥深く神秘的でかつ華やかさが満点な。。。」言葉では表現しきれません。

Img_0538 Img_0542 Img_0543

Img_0545




美味しい料理・お茶、癒しの空間、会話も自然に弾みます。思わず、笑顔が溢れていきますlovely

Img_0541 Img_0544