中国語教室

茶縁教室定期講座

今月茶縁教室の定期講座では、体に健康な「野生苦丁茶」を飲みました。コレステロールを下げるにはNo.1とされるお茶です。それから、秋の新茶の「安渓鉄観音」、リボンの形にしたジャスミン茶「金玉蝶」ですが、それぞれ香りの特徴があって、癒されますよ!
「安渓鉄観音」茶の作法(淹れ方)

P1040339P1040340 P1040341 P1040342 P1040343 P1040345 P1040348

Img_0118Img_0123










 お料理は同じ健康テーマの「黒米」(中国では「紫米」と呼ばれます。)と栗の炊き込みご飯に、珍しい上海名物の「火考麸」(グルテン)の煮物を合わせてみました。


CHINESE TEA & DINING 「Room Room」

今月、仕事放棄で教室の写真を撮るのはすっかり忘れてました。文面でご報告します。点心の「湯園」をいただきながら、中国黄山産の高級緑茶 「黄山雀舌」とこの季節にぴったりな「桂花烏龍」を召し上がりました。部屋中にキンモクセイの香りが漂って、皆さんもこの香りとオリエンタルな雰囲気に 酔っちゃいました!

Roomroom 今日、友人とCHINESE TEA & DININGのRoom Room へフランス料理のDinnerをいただきに出かけました。アミューズ、前菜そして私が大変気に入った「南瓜のスープ ローズマリー風味」とメイン料理の「イベリコ豚のインボルティー オレンジソース」はどれもシェフの腕の繊細さの表しです。

Img_0095_4Img_0099_3 素敵な空間と美味しい料理で時間が止まりそうになりました。ワインのせいか、お料理の写真は全然撮れませんでした。料理は小さくて見えない。ゴメンナサイ?



Img_0100_3

次は、クリスマスのDinnerを茶縁教室の皆と行って参りますので、またご報告します。Room Roomオーナーの苔口さんでした!


世界遺産「万里の長城」

8月27日、約15年ぶりに「万里の長城」に登りました。観光客がよく行かれるのは、「八達嶺」ですが、今回友達の提案で「幕田峪」の方へ行きました。その方が人が少なく、長城自体が綺麗です。

Img_0870Img_0831



観覧車から降りて、すぐ「幕田峪」長城の足元です。因みに、観覧車に乗らなかったら、山登りで1時間半の目安だとチケット売り場の女性に言われました。

Blog_0856


Img_0848Img_0845_2Img_0863





「幕田峪」長城の全景と感激している私。これこそ北京市内ではなかなか見かけられない透き通った青空!!!お 腹がペコペコ!「幕田峪」からの帰り道、すぐに「民家飯」(村民の家庭料理)食べるところを見つけました。いま、大気汚染の強い市内で一週間仕事を頑張っ た北京人が、友達を誘って1泊2日で長城近くの民家に泊まりに来る人がどんどん増えて来ました。だから、この近く大通り両側の家はたくさん民宿に生まれ変 わった。

この辺の「民家飯」は、一番の特徴は「虹鱒魚」(虹マス)ですが、各民家には必ずマスを養殖する池があります。お客さんに自らマスを取る か、ご要望の大きさにに取ってあげます。2回程挑戦してみたのですが、意外と難しくて、結局2匹とも(1,300g&750g)取ってもらいました。それ から、山菜料理が有名で、日本で食べたことのない山菜で、もちろん中国の味付けで温野菜にして食べました。超うまえ!マスも3種類の調理方法から自由に選 ぶことができます。
刺身、清蒸(あっさり蒸し)と焼くの中で、一番のお勧めは、焼いて食べることです。クミンがたくさん振ってあるので、香ばしいです!日本の塩焼きとは全然違いますよ!

Img_0871池で遊んでいる子供達もいます。楽しいでしょうね!