中国語教室

『瘋狂英語:CRAZY ENGLISH』の特訓

8月14日〜23日、この十数年以来最もしんどくて、タイトな10日間でしたが、しかし、とても充実な10日間とも言えます。それは、娘と共に中国全土Crazyさせた李陽の『瘋狂英語CRAZY ENGLISH』(クレイジー・イングリッシュ)学校に入ったことです。Crazyenglish2 毎日朝7時半から夕方6時半の10時間勉強で、2日後に帰りのバス(交通機関利用者を増やすため片道7円)の中で、田舎から出稼ぎ労働者の会話ですら英語に聞こえるです。次の日に先生に言ってみたら、先生もそうらしいです。これは「工夫」(努力)の表しです。
私たちは1日2回テストしますが、お昼のテストが通らないとお昼を食べれないし、夕方のテストを通らないと家に帰れないです。もちろん、先生も最後までお付き合いします。
この十年間こんなにこんなに努力したことがない、こんなに夢中になったことがない、こんなに達成感を感じたがないです!自分の時間で自分のお金で自分のために集中して勉強できることは、本当に幸せです!
ちなみに、私たちの先生は北京大学の2学位を持つ者で(法律と英語)、頭が違うと思うかもしれませんが、地道な努力、努力ですよ。
ここで、私の中国語学習の生徒の皆様へ:中国語勉強するのも地道な努力、努力!そして、毎日Repeat and repeat!!!

Img_0794 休憩中の教室風景

Img_0793何 故壁に貼っているポスターはこんなにしわしわと思っていたら、毎日放課後に、小学校しか卒業していない掃除担当の出稼ぎ労働者のおばちゃんは、ポスターを 外して、自分のノートに写しています。きっと彼女の中では、学校には縁が無かったですが、もしこの50のセンテンスを暗唱できることができたら、人生の幸 せに違いがありません!

Img_0804 全員が集まって、李陽がTrainingします。本当にCrazyの一言でした!


オリンピックまで1周年記念セレモニー

来年のオリンピックまで後1年に迫った2007年8月8日、北京では1年後に迫った北京オリンピックへのセレモニーが盛んに行われました。こ の日天安門広場で記念のイベントが夜に行う予定になっています。私も張り切って、早起きして地下鉄で天安門に向かいました。着いた途端、がっかりしまし た。なんと、天安門は朝から「戒厳令」が敷かれていたため、近くには行けませんでした。仕方なく、遠くから写真を撮影しました。

Img_0768Img_0767天安門の全体図と搬入した大きなモニターと照明です。




Img_0766天安門広場の向かい側に夜のイベントに待つ人々。人の多さに興奮しているこの頃の私が撮影しました。天安門の帰りに北京に有名な「王府井歩行街」を寄りました。



Img_0770オリンピック公式マスコットやグッズ専門店で「福娃」を見つけて、並んで?写真を撮る人がいっぱいでした。




Img_0771ちなみに、工芸品のセットはなんと日本円で13万円ぐらいもする高価な土産品でした。




Img_0774Img_0776 「王府井食品街」にある「海南鮮椰子」(椰子のジュースを飲ませてくれる)と北京名物の「老北京糖葫芦」(サンザシなど果物を氷砂糖で固める)。私は北京子なので、後者の方が大好きで、皆さんも食べてみてね!

Cimg4391Cimg4398






最後に、8月8日は、オリンピック開催日でありながら、長女「夏音」の誕生日でもありますので、特訓拘束中の「夏令営」(Summer training camp)の友達に88元で買ったケーキで祝ってもらいました。


里帰り−奥林匹克(オリンピック)を控える北京

Img_07398月3日、北京に帰って3日目、早速オリンピックの本会場「鳥巣」へ行ってきました。同じく道沿いで写真を撮っている外国人の観光者グループがいくつかもいて、思わず、私で「観光者」?!


この時の空の色をご注目下さい。これから北京で過した1ヶ月は毎日空の色はこんな感じでした。

Img_0746これは水泳の競技で使われる予定の「水立方」です。すごく透明感があって、中も明るいでしょうね!

Img_0748オリンピック会場と道を挟んで、建設中のマンションやオフェスビルが立ち並んでいます。もう特に売れているらしいです。