中国語教室

茶縁定期講座(プーアル茶)

今月の教室はなんと言ってもビンテージ物同士のプーアル茶の「七子餅茶」と香港有名メーカー「陳世家」の黒酢でした。P1040031P1040033
今 回の「七子餅茶」は、中国雲南古六大茶区の高山野生喬木の優質茶葉から蒸圧成型したものです。初めて買った時、3年前のことでしたが、いまを思えば10枚 ではなく、もっと買って保存すればよかったと思います。何故かと言うと、現在中国のプーアル茶市場は株投資みたいに、年々相場が上がっていきます。
お味は言葉では表現しにくいですが、円やかさの中味のボリュームがあり、飲んだ後喉の奥から甘みが帰ってきます。茶縁の絶賛のお勧めの「七子餅茶」でした!残りの数枚を続けて寝かせて、2年後にお楽しみ下さい。
P1040034「陳世家」の黒酢は初めてではありませんが、古いものであればあるこそ、円やか且つ濃厚です。

P1040019P1040021_2これで、飲茶の「鍋貼」もすっかりご満足いただけたと思います!

P1040014 P1040015 P1040022_2














茶縁教室定期講座

今月茶縁教室の定期講座では、体に健康な「野生苦丁茶」を飲みました。コレステロールを下げるにはNo.1とされるお茶です。それから、秋の新茶の「安渓鉄観音」、リボンの形にしたジャスミン茶「金玉蝶」ですが、それぞれ香りの特徴があって、癒されますよ!
「安渓鉄観音」茶の作法(淹れ方)

P1040339P1040340 P1040341 P1040342 P1040343 P1040345 P1040348

Img_0118Img_0123










 お料理は同じ健康テーマの「黒米」(中国では「紫米」と呼ばれます。)と栗の炊き込みご飯に、珍しい上海名物の「火考麸」(グルテン)の煮物を合わせてみました。


特製味噌のジャージャン面

中国では夏の定番と言っていいぐらい、

冷たいじゃ-ジャン面を食べる習慣があります。
Img_0683Img_06896月の教室では、皆さん日頃野菜不足を解消するためには、8種類の野菜とゆずの面を特製味噌(合わせ味噌・甘味噌・名古屋の八丁味噌・・・のブレンド)で召し上がりました。中国茶は夏の代表とされる白茶の「白毫銀針」を愉しみました。

Img_0688 色鮮やかで、綺麗!美味しい!健康的!と皆さんが感動しました。是非、作り方を覚えて、お宅の食卓にどうぞ!